読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きデェァァラァァアア

理想が高すぎる自分を徐々にブチ落とすブログでもある

師走の下旬にブログ開始ですか

日記

ふとそう思いましたが、まあいいタイミングかなと私は思います。

「タイミングなんてもんブログにねえよ」

とそんな声も聞こえてきそうですが、まずそんな言葉考えてくれる人もまだいないでしょう。

てかこれ人に見られんのか?

 

私はこういったものは、取っては止め、取っては止めを繰り返しています。

このブログも一週間持たなければ、そいつらの仲間入りです。

多分記事が3つ...よくて7つでこのブログは終了です。

 

最初から継続しなさそうな言葉を書くのは、今まで「イヨッシャーーー!!ブログやってやんぞーー!!!続けるからな!絶対に続けるから」と無責任な(最初から責任なんてないけど)言葉を晒して、やはり10も記事を書かずのブログをいくつも生み出してきたからこそです。その経験が「オイ、張り切るな。適当にやってみ」というノリをだしたので、この波に乗って今書いています。

ほんとに続かないと思う。続かんわ。

...ほんっとにね。絶対続かないの。今まで全部そうだった。だからこのブログ今存在するの。

きっといっちばん最初に作ったブログをちゃんと継続していたら、ユーチューバーも超えるものすごい奴として世間に知られていたかもしれない運転。

人生夢妄想は大切です。できることはすべてやってたのしまねば。

 

とりあえず初っ端に近況思いついたものを。

 

昨日(19日)通勤のために電車に乗りました。いつも通りです。

たくさんの人が電車に乗ってきました。いつも通りです。

私は朝、ラッシュの時間帯をほんーーのすこし避けた時間に利用します。

ですがやはり人は乗ってくるもの。

私は乗り換えをするためのベストな場所にいることができます。

これも朝寝坊をしないよう気を付けて___ってだるい

書くのだるいというか、これ、張り切っている証拠です。

ほんと張り切るとすぐこうやって長くなる。

いけない癖ですね~。

 

端的に。

空いた座席に私が座ろうとしたら横からねえさんがよこどりしたーーー。

かなしい。

公共の場。わかってる。電車はお前のものじゃないしかたないだろ。わかってる。

おまえよりその子のほうが女の子らしいから仕方ない。わかってる。

いやわからない。そこわからない。

かわいらしいねえさんだったよ。けどあんた確実に無理して座ろうとすんなし。

私押すなし。むしろ座席を座る者として私を推せし。

お寿司お寿司。

ちくしょうめーーー。

 

でだ、本題。(?)

さっきのは昨日の話。

これは今日。

またいらしたんだよなそのねえさん。最初気づかなかったけど。

でもって今日は席が2人分空いたんだ。

今日は電車結構すいていたもんで、私は無理なく座った。

で、もう一方空いた椅子に座った方の靴を見て。

「(あ、昨日の横取りおんなだ)」

そうおもいました。

 

結局は

「ブログ書いてるやつ心狭いな~こんなんで腹たてんなよばかじゃねえの」

これで終いです。

狭いのは重々承知です。でも広いときもあるんですよ。ちょっとその振れ幅が激しいだけです。

ってまぁほんとに、心の広さとか譲る心とか並みの並みくらいにはあります。

でもほんと朝の電車ってのは、人の心を荒(すさ)ませるもんです。

ほんとにほんとにね。

爽やかに家を出発し「今日もがんばるぞ」と思っても、電車でスゥパパパーン。

どっかとんでいきます。

 

ちくしょーとにかくあのねえさんに押されるのがいやですね。

もういっそのこと私立っとれって思うんですが、だめだったらすぐあきらめるんで。

私を押して座った野郎を凝視して頭の中でそいつをおもいきり殴る想像をしながら。

たまにそれに思考持っていかれて無意識にビクッとしてしまいますが、電車が揺れたからというこで。

ワタシアブナイヒトジャナイヨーむしろ向こうが押してくるんだーしょうがないじゃん考えるくらい。

 

ねー。人って何考えてるかわかんないよねー。

絶対わかりあえるはずないのに、なんでそれなりな生活を生きてられるのか。

今までの成長の過程で「わかろうとする」ことが、自然とみについているんですね。

すごいですねーほんと。

 

まじながいですね。これは飽きてきた証拠です。

喋ることないから相手が求めていないことでも遠慮なしにしゃべりまくる。

わるい癖ですね。

 

あとはブログのレイアウト変更してみて切りがいいところで寝ます。

 

ちなみに、朝からイライラMAXではありましたが、帰るころにはルンルンでした。

禍福は糾える縄の如し。人生捨てたもんじゃないです。

 

ていうかこのブログの方向性決めないとですね。

いやだから適当でいいか。